カテゴリ:小金井公園の四季( 6 )

秋の実

秋になると木々の実を拾いに公園を訪れる人々がいる。ブナ科の実(どんぐり)を拾う保育園の幼児、遠足で訪れどんぐりの樹を見つけ一喜一憂する園児たち、見ていて楽しいものである。

一方、銀杏やしいの実を、かなり昔、少年少女だった人たちが、実利を兼ねて、郷愁も伴い拾っている。側で眺めていて、今年はどんぐり類が豊富で、銀杏が少ないのではないかと、通路に踏みつけられた実の数で感じる。

だが、そのほかに注目していただきたい樹木の実がある。
別に拾って、食す類のものではないが、花と実との考えも及ばない変化が面白いのである。
栃の実(これは加工すれば食用になる)・ハクウンボクの実・ムクロジの実・ハナミズキの実・
トウネズミモチの実・ガマズミの実・シロヤマブキの実・ムクロジの実など拾い上げたらきりがありません。赤色、黒、白とさまざまで新発見をお楽しみください。
[PR]
by nishimura3104 | 2007-10-19 17:13 | 小金井公園の四季

10月から咲く桜

秋の桜の園は、黄色に染まっていく桜の葉をみながら、秋の深まる様を体感しながら歩くのも良い。
d0012230_16503110.jpg
だが、桜が10月ごろから12月にかけて咲く樹もある。冬桜、別名小葉桜と呼ばれている。江戸時代からの栽培品種のようであるが、その咲きようがわびしく、私は好きになれない。10月から12月にふさわしい桜と感じ取られる方もおられようが、沢山の花芽をもちながら、少しずつ長期に開花していくので、わびしさが先に来る。花柄も小さく白色で一重、なおさらである。やはり、桜は春がよい。

[PR]
by nishimura3104 | 2007-10-19 16:51 | 小金井公園の四季

さくらまつり

ソメイヨシノも今日まで持ちこたえてくれたようである。晴やかな色合いが少しは暗くなった感じはするが、まだ花びらが持ちこたえている。久しぶりの暖かさを感じさせる日よりである。
軽やかな囃しの笛の音に乗って小金井指定文化財「目黒流貫井囃子」が来園者の目を楽しませていた。
d0012230_20224047.jpg


d0012230_20241657.jpg


d0012230_20262284.jpg


d0012230_20255672.jpg


d0012230_20252886.jpg


d0012230_2025196.jpg

目黒流貫井囃子をご覧くださるのならこちらの写真集へスライドでご覧ください。


[PR]
by nishimura3104 | 2007-04-07 20:31 | 小金井公園の四季

つぐみ


散歩中、鶫が地上の餌探しに忙しく歩き回っているところに出会う。すずめ科の鳥だけに大柄ではあるが羽の色合いなどすずめによく似ている。体長20~25cm。
d0012230_154395.jpg

d0012230_1545169.jpg
d0012230_15471534.jpg

[PR]
by nishimura3104 | 2007-03-01 15:47 | 小金井公園の四季

八重冬至が咲き出しましたーー梅だより

1月28日現在八重冬至だけが、そろそろ見ごろ。
d0012230_0314840.jpg

1月25日現在、早咲きの八重冬至だけが咲き始めました。
d0012230_17105871.jpg



d0012230_23564493.jpg

今日、NHKラジオでで言っていたのだが、桜と梅の違いの一つは開花の予報があるかないかなのだそうだ。
桜のほうが開花予想がしやすいとのこと。梅は1日でも雨や暖かい日があると一挙に開くから予想が立てづらいそうだ。従って、梅は咲いたときに知らせるしかないと。この言を守り別ブログと連携して写真で開花情況を知らせることにします。
[PR]
by nishimura3104 | 2007-01-25 17:21 | 小金井公園の四季

今日の梅園の開花の情況

都内で梅が開花とのテレビ放映が1週間ほどまえにあったから、小金井公園の梅園に行ってみた。梅園の傍にある素心蝋梅は、盛りであるが、梅は、早咲きの「長寿」にわずかに開花したものが見られる程度である。
「長寿」の開花情況1

d0012230_13324557.jpg

「長寿」の開花情況2
d0012230_13331282.jpg

「古城の春に似る」の今日(1月20日)のつぼみ
d0012230_13334666.jpg

「芳流閣」の今日の枝
d0012230_13353870.jpg

[PR]
by nishimura3104 | 2007-01-20 13:33 | 小金井公園の四季