<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

秋の実

秋になると木々の実を拾いに公園を訪れる人々がいる。ブナ科の実(どんぐり)を拾う保育園の幼児、遠足で訪れどんぐりの樹を見つけ一喜一憂する園児たち、見ていて楽しいものである。

一方、銀杏やしいの実を、かなり昔、少年少女だった人たちが、実利を兼ねて、郷愁も伴い拾っている。側で眺めていて、今年はどんぐり類が豊富で、銀杏が少ないのではないかと、通路に踏みつけられた実の数で感じる。

だが、そのほかに注目していただきたい樹木の実がある。
別に拾って、食す類のものではないが、花と実との考えも及ばない変化が面白いのである。
栃の実(これは加工すれば食用になる)・ハクウンボクの実・ムクロジの実・ハナミズキの実・
トウネズミモチの実・ガマズミの実・シロヤマブキの実・ムクロジの実など拾い上げたらきりがありません。赤色、黒、白とさまざまで新発見をお楽しみください。
[PR]
by nishimura3104 | 2007-10-19 17:13 | 小金井公園の四季

10月から咲く桜

秋の桜の園は、黄色に染まっていく桜の葉をみながら、秋の深まる様を体感しながら歩くのも良い。
d0012230_16503110.jpg
だが、桜が10月ごろから12月にかけて咲く樹もある。冬桜、別名小葉桜と呼ばれている。江戸時代からの栽培品種のようであるが、その咲きようがわびしく、私は好きになれない。10月から12月にふさわしい桜と感じ取られる方もおられようが、沢山の花芽をもちながら、少しずつ長期に開花していくので、わびしさが先に来る。花柄も小さく白色で一重、なおさらである。やはり、桜は春がよい。

[PR]
by nishimura3104 | 2007-10-19 16:51 | 小金井公園の四季