わらぞうりの作り方

江戸たてもの園の梅を求めて久々に茅葺きの農家のを訪れた。例によって、囲炉裏の薪は炎を立て鉄瓶の口からは湯気が立ち上っている。

軒下には庭から抜いた小さな大根が竹ざおにぶら下がっている。
d0012230_21294356.jpg

戸口の側では、ボランティアのハッピを着たお爺ちゃんが(失礼、コチラも爺ちゃんでした)わらぞうりを編んでいる。まさしくわが幼年期の原風景である。

「そういえば、小学校低学年までぞうりを履いて通学していたなあ。それも婆ちゃんが孫にと特別に布入りで作ってくれたやつだったよなあ。」と思い出に耽っていた。

すると、首からぶら下がっているカメラが「いい加減に過去を振り返るなよ。オレに出来ないことだからいやみだよ。」というので我に返り、カメラのご機嫌取りに追われる。

以下、ぞうりつくり爺ちゃん(小金井在住の服部さん)のわらぞうりつくり指南

①この形にするため6.7本のわらで末を10cmほど残して縄をよる。
 残した末に同数のほかのわらを絡ませ同じ太さになるように反対側もよる。(カメラのサボり)
 この対象形の縄をこのように足の親指にしっかりとはさむ

d0012230_22233431.jpg

②手元のつま先部分に3.4本のわらと細く切ったテープ状の布の中央部を巻きつけ、横糸の最初の部分を固定する。
d0012230_22252722.jpg

③さらに縦糸の中央部分になる縄とも固定し横わらの基礎を作り、
d0012230_18242936.jpg

④4本のたて縄に交互に横わら3・4本がたて縄の上側になるようによこに織りこんでいくこれを鼻緒の取り付け位置まで繰り返す。
d0012230_18371512.jpg

⑤織り込んだ横わらを手元の方に手繰りよせ、固めながら鼻緒の位置を定める
d0012230_20244297.jpg

⑥その位置が定まれば、布とわらで太めによった鼻緒用の縄を縦縄に絡ませ横糸に差込と左右を固定する。
d0012230_20343397.jpg

⑦ ④と同じように踵の部分を横わらで織る、布を混ぜ強度を出すのも一考。
踵の長さまで織り込んだら、ぞうりを足からはずし、つま先の先に伸びいるたて縄を引き踵の部分のたて縄で横織りしたわらを締め付け固定する/b>d0012230_20422768.jpg

⑧今までの出来上がり/b>
d0012230_20561231.jpg

⑨後はつま先の鼻緒をすげるだけである。縦縄の先端部分を布で補強し、裏から竹串で
それを鼻緒の内側から出す。

d0012230_2153970.jpg

d0012230_2182429.jpg


⑩出てきた縄の親指があたる部分を硬くより鼻緒をまたいで、裏側へ竹串を通し縄を裏底に出す。裏から出すときの縄に絡めて余計なわらをはさみで整理して完了
d0012230_2125657.jpg

[PR]
# by nishimura3104 | 2007-02-06 22:29 | 江戸東京たてもの園

女性剣闘士現る!

前に西洋武道の甲冑を着けた戦いを紹介したが、今回はその続編である。ドレスを着て戦いの観戦役の女性が見事な武具を着けた戦士として登場したのである。
見ているだけでは、ルールなき戦いに思われたが、戦いの途中で引き下がる人がいたり、戦いが途切れるところを見ると、何らかのルールが存在するようだが、皆目わからない。アメリカでは、3000人近い人たちの戦いイヴェントがあると聞いたが、ルールがなければ、烏合の集団の暴徒のごとくなり、たとえ甲冑で身を包んでいても、収拾がつかなくなるであろう。

d0012230_18301895.jpg
d0012230_1833670.jpg
d0012230_18341264.jpg
赤い色の衣服に甲冑をつけているのが女性の剣士である。185センチはあろうかと思われる堂々たる均整の取れた体格の外国美人である。戦いの技量は、ルールがわからぬのでなんともいえないが、戦いぶりは、重い甲冑をつけてもすさまじい動きで、日本剣士もたじたじである。素顔を見せたいのだが、本人の了解を得ていないし、側には宣教師ならぬ「戦教士」ともいうべき相手の若者の二倍もあろうかというすごい体格の指導者がいるので、残念ながら公表できない。従って名前すら聞き出せない。
[PR]
# by nishimura3104 | 2007-02-05 18:59

これ何だろう?ベンチのようでもあるし

正面口に入ってすぐ右側にできた売店の側を今工事中である。レンガ畳みのテラスの工事でほぼ出来上がっている。そこで一風変わったベンチのようなものを発見。
d0012230_11484096.jpg
d0012230_11504396.jpg
家庭の庭にこのアイデアをいただけそうである。売店でたずねてみると、非常災害時に炊き出し用コンロに利用できるベンチなのだそうだ。木部のボルトをはずせばコンロに早代わりという寸法だ。広域避難場所ということを考慮したアイデアである。今後、徐々に増えるものと思われる。
悪用するとすぐに増設中止になりそうなので、ご注意を!と感じたのは、私だけではないだろう。

[PR]
# by nishimura3104 | 2007-02-03 12:08

トイレのことなんです

女性用トイレや男性用トイレでも大きい方のことなんです。今日まで気づかなかったんだけど、
ロールペーパーの補充が、利用者には出来ないようになっていたんです。
親切にもドアの外側の金属製の小さな扉を鍵で開けて、公園関係者が定期的に補充していたようなんです。いくつ入るのかわからないけど、使い切ると上から新しいロールが落ちてくる例の
ステンレス製の器具のことです。

トイレの中で爆弾を落としている人がいても、関係なく補充していけるようになっていたのです。
今時、ペーパーを盗む人はいないと思うので、補充作業の合理性を考えて備え付けられたのでしょう?
d0012230_15574614.jpg
d0012230_15594585.jpg

「写真説明」上=ドアの横の四角の扉を開けて補充 下=中からはロールを入れることも出すことも出来ません。

その器具が今朝、子供の広場奥のトイレでみたのですが、プラスチック製のものに取り替えられつつあるのです。どうしてだか理由は定かではありませんが、災害時の広域非難場所になっているので、そのことに関連があるのかもしれません。
[PR]
# by nishimura3104 | 2007-02-02 16:17 | こんなことやってるよ!

日曜日はフリーマーケットで掘り出し物を!

たいてい毎日曜日に、フリーマーケットの市がたつ。主催者は、幾つかの団体が交代で開いているようだ。開催場所は、正面入り口の駐車場奥の広場沿いの通路である。
主催者ごとに幾分かの特徴があるようだ。意外と丹念に探せば思わぬ掘り出し物が見つかるかも。リサイクルが目的の団体は、古着が多いし、いらなくなった贈答品の新品も出回る。
また、趣味で集めていたものや手作りしていた手芸品や模型があったりする。天気の良い日は、かなり混み合っているようだ。

孫が「ムシキング」のカードに夢中になっていて、聞いた事もない虫の200がほしいというので、散歩がてら覗いて見た。見つけることは出来たのだが、なんと!たかがカード一枚5000円もするのである。安請け合いをしなくてよかったと、そのときは孫のためとはいえ買うのをふみととどまったしだい。

ついでだから、他の店をなんとなく冷やかし半分で物色していると、上品な40そこそこのご婦人の店?に、数点だがほとんど着ていない衣類が並んでいるではないか。手にとって見ると、伊勢丹のタグのついた「ダーバン」製の買え上着である。婦人が言うには、「おしゃれなお爺ちゃんが痩せてきれなくなったので、貴方にきていただければ、おじいちゃんも喜ぶと思います。」

柄も好みにぴったりだったので、値段をたずねると予想の三分の一、「貴方に着ていただけるのならこの皮ジャンパーも同じ値段でで結構ですよ」というので、おだてにのって即座に両方とも購入したのは、言うまでもない。
[PR]
# by nishimura3104 | 2007-01-29 01:00 | こんなことやってるよ!

八重冬至が咲き出しましたーー梅だより

1月28日現在八重冬至だけが、そろそろ見ごろ。
d0012230_0314840.jpg

1月25日現在、早咲きの八重冬至だけが咲き始めました。
d0012230_17105871.jpg



d0012230_23564493.jpg

今日、NHKラジオでで言っていたのだが、桜と梅の違いの一つは開花の予報があるかないかなのだそうだ。
桜のほうが開花予想がしやすいとのこと。梅は1日でも雨や暖かい日があると一挙に開くから予想が立てづらいそうだ。従って、梅は咲いたときに知らせるしかないと。この言を守り別ブログと連携して写真で開花情況を知らせることにします。
[PR]
# by nishimura3104 | 2007-01-25 17:21 | 小金井公園の四季

今日の梅園の開花の情況

都内で梅が開花とのテレビ放映が1週間ほどまえにあったから、小金井公園の梅園に行ってみた。梅園の傍にある素心蝋梅は、盛りであるが、梅は、早咲きの「長寿」にわずかに開花したものが見られる程度である。
「長寿」の開花情況1

d0012230_13324557.jpg

「長寿」の開花情況2
d0012230_13331282.jpg

「古城の春に似る」の今日(1月20日)のつぼみ
d0012230_13334666.jpg

「芳流閣」の今日の枝
d0012230_13353870.jpg

[PR]
# by nishimura3104 | 2007-01-20 13:33 | 小金井公園の四季

西洋武道?騎士の戦い

小金井公園西口、宿根草園の近くの林の中で、日曜日になるとすさまじい戦いが繰りひろげられる。一見、映画かテレビの撮影風景とも思えるが、撮影機材は見当たらない。
広げたブルーシート上には、武器や西洋風鎧兜や盾が散らばっている。

指導者らしき体格のよい外人も混じり、若者十名ばかりのグループが、武装して真剣に戦いをはじめる。容赦なく敵に棒状の剣で襲い掛かりすさまじい。防備器具に金属または厚い皮製の本格的な輸入品を用い、全身を保護しているので、長く太い棒状の武器で殴り叩き合っても大丈夫なようである。
一対一の個人戦や複数同士の戦いが、休憩を取りながら夕方までつづく、女性のメンバーもその当時の衣装に身を包み観戦しているが、それも一連の行動のなかでの女性の役目らしい。

外国から武器を取り寄せ、歴史検証をしながら日本の剣道とはことなる実践的な戦いを展開するスポーツのようでもある。後でわかったのだがアバロンのメンバーだった。
d0012230_14142250.jpg

d0012230_1419154.jpg

[PR]
# by nishimura3104 | 2007-01-19 13:44 | こんなことやってるよ!

東京江戸建物園内の吉野家の囲炉裏端で


江戸東京建物園内に三鷹から移築された吉野家の囲炉裏端で、クヌギのまきを燃やしながら、ボランテアのおじさんおばさんと話が弾んだ。
来訪者も土曜日でもあって多く、1時間の間に五歳の幼稚園児を連れたお父さん、小学3年生の女の子2人をつれたお父さん。ドイツからの東工大研究留学生の青年とその友達の女性外人。熊本から息子の卒業式のために上京し、旧い建物が好きで立ち寄ったというご夫婦などが囲炉裏端談義にまじってくれました。

昼過ぎでありましたが、口にする飲食物がなくても、囲炉裏を囲むと旧知の友人のごとくかくも話が弾むものであると実感したしだいです。
どこかのテレビ局で、「囲炉裏のある宿」などという旅番組を見たことがあるが、われわれ旧き日本人の郷愁を誘って視聴率を稼いだのではないだろうか。とばかり思っていました。

ところが今日図らずも体験できたことは、囲炉裏生活の経験者のみならず、日本語がよく解らないドイツの若い女性までが強要されることなく自分から座って仲間に入ってくれたり、幼稚園の幼い子供までが穏やかに人の話を興味深く聞いている姿を見て、年齢、国籍、文化の違いををはなれて魅せられる何かが囲炉裏にはあるのではないかと、痛感しました。

そのときの話の内容は、別に譲ることとして、旧い建物(民家中心)を移築し保存されている江戸東京建物園に何を求めて皆さんが訪問されるのか、順次、自分勝手な観点で建物を紹介しながら覗いて見ようと思います。

写真は吉野家(農家)の外観と囲炉裏のある台所です。

d0012230_1732414.jpg

[PR]
# by nishimura3104 | 2005-03-26 19:08 | 江戸東京たてもの園