タグ:江戸時代の花見 ( 1 ) タグの人気記事

花見の今昔

今花見シーズンを前に江戸たてもの園入り口の展示場で「桜今昔写真展」が開催されている。
江戸末期から明治までのものは、写真でなく浮世絵等の描写によるものであり、大正から昭和初期のものは、当時の絵葉書を拡大したものが中心である。写真は戦後20年くらいのものは数少なく世相を反映しているともいえる。今回はそのうち江戸と明治の花見の状況をご覧いただことにする。江戸時代から名勝小金井桜として広重の江戸近郊八景にも登場している。当時の小金井橋近辺の風情がなんともいえない。セピア色の写真は写真コンクールに入選した昭和30年代のものである。古いからセピア色になったわけではありません。室内の照明の効果?です(注)3月22日昭和30年代の写真を追加

それにしても玉川上水の土手の回りの変化はすごい。現況からは50年前が想像できない。

d0012230_215531.jpg



木造だった小金井橋も今では石橋が小金井街道に掛けられている。これも来年までの工事で拡張中
d0012230_21313969.jpg


d0012230_2162250.jpg


この桜の老木が勇名だったようです。穴越しに富士を描いたものがあります。
d0012230_216485.jpg


d0012230_21798.jpg


d0012230_2173015.jpg


d0012230_2174919.jpg



d0012230_23215345.jpg



d0012230_23223160.jpg

d0012230_23225174.jpg


d0012230_23231935.jpg



d0012230_23234933.jpg

d0012230_23242070.jpg

d0012230_2324549.jpg


d0012230_23251723.jpg

d0012230_2325501.jpg


[PR]
by nishimura3104 | 2007-03-19 20:41 | 江戸東京たてもの園